オニヅカ工作所の、てづくりライアーワークショップ in たまや

てづくりライアーのワークショプのおしらせです☆彡

4月21〜23日に、長崎のオニヅカ工作所の

鬼塚聖貴さん。通称おにちゃんが、

またまた、たまやにやってきてくださることになりました。

(今までのワークショップの様子はこちら→

            http://tamairo.jugem.jp/?cid=69 )

世界にひとつしかない、

 わたしのためのライアー・・・☆

じぶんで彫って、 削って、塗装して・・

じぶんのためのライアーを創る

ワークショップです☆

2〜3日間で、5音7弦のキンダーライアーをつくりあげます。

(ご希望の方は、10弦や12弦のライアーも、

             つくることができます。)

21日から23日の3日間開催します。

(3日間の中から、好きな日程を

  2日間か3日間えらんでいただきます。)

 

じぶんの好きな木をえらび、

板を彫るところからはじめます。

オイルを塗って、

弦を張ってしあげてゆきます☆彡

ライアーといえば、

シュタイナー教育で、

ココロと身体と魂を癒す楽器として考案された、

癒しの楽器。その音色は、 たまらなく美しく、

耳で聴く・・とゆうよりも、

全身で聴く・・という感じのものです☆彡

 

ライアー・・・。

その生みの親は、

ドイツの音楽家プラハト氏と、

彫刻家のゲルトナー氏。

1926年に誕生したライアーは、

「静けさを聴く」楽器として発展し、

その音は、脳や心を癒やし、

直接、身体に振動を伝えるということによる、

治療効果もあるということで、

いま現在、 シュタイナー教育の場にとどまらず、

さまざまな場所で用いられるようになっています。


(↑ おにちゃん作)
 

 

続きを読む >>
| tamairo | ライアー | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
0
    オニヅカ工作所のライアーワークショップレポート☆

    今年ものこすところあと少し。

    年賀状もまだかけてないし、

    お掃除も中途半端(笑)

    やばいな〜と、おもいつつも、

    今年のことは今年のうちに・・!

    1月に、たまやで開催させていただいた

    長崎のオニヅカ工作所の、ライアーワークショップに、

    すてきな感想をいただいているので、

    その時の様子とともにワークショップのレポートかきます。

    (次回のたまやでのライアーワークショップは、

    2017年4月21〜23日に開催予定です(^_-)-☆)

    今回は、初の試み。

    ワークショップの開催日を3日間に設定して、

    参加者のみなさんには、

    ご自分のご都合にあわせて、

    2日参加か?3日参加か?

    えらんでいただく形で開催いたしました。

    この形は、おこる出来事のながれにそっているうちに、

    できあがった形態だったのですが、

    とっても結果よしなかたちとなり・・。

    あ〜だこうだ・・と、

    むずかしいこと考えずに、

    無理なくながれにそって、

    そこに関わる人にとって(じぶんもふくめて)

    ええぐあいのところをさぐりながら、

    モノゴト決断していけば

    ええんやなぁ〜・・とのおおきな学び・・。

     

    (こちらが、おにちゃんのライアーの音色)

    https://www.youtube.com/watch?v=fK00dXvshIk

    <iframe width="1366" height="768" src="https://www.youtube.com/embed/fK00dXvshIk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

     

    続きを読む >>
    | tamairo | ライアー | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    0
      開催日がふえました☆→オニヅカ工作所の、てづくりライアーワークショップ in たまや

      先日お知らせしたライアーワークショップですが、

      開催日が1日増えました。

      11月5・6・7日のうちから、5・6日の参加か?

      6・7日の参加か?えらんで参加いただくことが、

      できることになりました。

      よろしくおねがいしますヽ(愛´∀`愛)ノ

       

      →オニヅカ工作所の、てづくりライアーワークショップ in たまや

      てづくりライアーのワークショップのお知らせです☆彡

      11月に、長崎のオニヅカ工作所の

      鬼塚聖貴さん。通称おにちゃんが、

      またまた、たまやにやってきてくださることになりました。

      (前前回のワークショップの様子はこちら→

        http://tamairo.jugem.jp/?eid=1102#sequel

      世界にひとつしかない、

       わたしのためのライアー・・・☆

      じぶんで彫って、 削って、塗装して・・

      じぶんのためのライアーを創る

      ワークショップです☆

      2日間で、5音7弦のキンダーライアーをつくりあげます。

      (ご希望の方は、10弦や12弦のライアーも、

                   つくることができます。)

       

      じぶんの好きな木をえらび、

      板を彫るところからはじめます。

      オイルを塗って、

      弦を張ってしあげてゆきます☆彡

      ライアーといえば、

      シュタイナー教育で、

      ココロと身体と魂を癒す楽器として考案された、

      癒しの楽器。その音色は、 たまらなく美しく、

      耳で聴く・・とゆうよりも、

      全身で聴く・・という感じのものです☆彡

       

      ライアー・・・。

      その生みの親は、

      ドイツの音楽家プラハト氏と、

      彫刻家のゲルトナー氏。

      1926年に誕生したライアーは、

      「静けさを聴く」楽器として発展し、

      その音は、脳や心を癒やし、

      直接、身体に振動を伝えるということによる、

      治療効果もあるということで、

      いま現在、 シュタイナー教育の場にとどまらず、

      さまざまな場所で用いられるようになっています。

       

      おにちゃんご指導によるライアーは、

      このような感じ・・。

      手づくり感あふれるすてきなお顔をしています。

      お顔だけじゃなく、

      手づくりで創られるライアーの音色は、

      とてもすばらしい音色となります。

      (↑ おにちゃん作)

      続きを読む >>
      | tamairo | ライアー | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      0
        オニヅカ工作所の、てづくりライアーワークショップ in たまや

        てづくりライアーのワークショップのお知らせです☆彡

        11月5・6日に、長崎のオニヅカ工作所の

        鬼塚聖貴さん。通称おにちゃんが、

        またまた、たまやにやってきてくださることになりました。

        (前前回のワークショップの様子はこちら→

          http://tamairo.jugem.jp/?eid=1102#sequel

        世界にひとつしかない、

         わたしのためのライアー・・・☆

        じぶんで彫って、 削って、塗装して・・

        じぶんのためのライアーを創る

        ワークショップです☆

        2日間で、5音7弦のキンダーライアーをつくりあげます。

        (ご希望の方は、10弦や12弦のライアーも、

                     つくることができます。)

         

        じぶんの好きな木をえらび、

        板を彫るところからはじめます。

        オイルを塗って、

        弦を張ってしあげてゆきます☆彡

        ライアーといえば、

        シュタイナー教育で、

        ココロと身体と魂を癒す楽器として考案された、

        癒しの楽器。その音色は、 たまらなく美しく、

        耳で聴く・・とゆうよりも、

        全身で聴く・・という感じのものです☆彡

         

        ライアー・・・。

        その生みの親は、

        ドイツの音楽家プラハト氏と、

        彫刻家のゲルトナー氏。

        1926年に誕生したライアーは、

        「静けさを聴く」楽器として発展し、

        その音は、脳や心を癒やし、

        直接、身体に振動を伝えるということによる、

        治療効果もあるということで、

        いま現在、 シュタイナー教育の場にとどまらず、

        さまざまな場所で用いられるようになっています。

         

        おにちゃんご指導によるライアーは、

        このような感じ・・。

        手づくり感あふれるすてきなお顔をしています。

        お顔だけじゃなく、

        手づくりで創られるライアーの音色は、

        とてもすばらしい音色となります。

        (↑ おにちゃん作)
         

        続きを読む >>
        | tamairo | ライアー | 19:54 | comments(2) | trackbacks(0) | -
        0
          ☆彡てづくりライアーワークショップinたまや☆彡

          追記→ありがとうございます☆おかげさまで、

          満席となりました☆(本日(7月16日)より

          ご連絡をいただいた方は、キャンセル待ちとなります

          *:ஐ(●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*)

           

          てづくりライアーのワークショップのお知らせです☆彡
          長崎のオニヅカ工作所の鬼塚聖貴さん。通称おにちゃんが、
          またまた、たまやにやってきてくださることになりました。

          (前回のワークショップの様子はこちら→

            http://tamairo.jugem.jp/?eid=1102#sequel)
          世界にひとつしかない、自分で創りだす、
          わたしのためのライアーを創れる

          ワークショップです☆
          2日間で、5音7弦のキンダーライアーをつくりあげます。
          板から彫るところからはじまって、オイルを塗って、
          弦を張ってしあげます☆彡
          ライアーといえば、シュタイナー教育で、
          ココロと身体と魂を癒す楽器として考案された、
          癒しの楽器。その音色は、
          たまらなく美しく、
          耳で聴く・・とゆうよりも、
          全身で聴く・・という感じのものです☆彡
          ライアー・・・。その生みの親は、ドイツの音楽家プラハト氏と、
          彫刻家のゲルトナー氏。
          1926年に誕生したライアーは、「静けさを聴く」楽器として発展し、
          その音は、脳や心を癒やし、直接、身体に振動を伝えるということによる、
          治療効果もあるということで、いま現在、
          シュタイナー教育の場にとどまらず、
          さまざまな場所で用いられるようになっています。

          おにちゃん。ご指導によるライアーは、
          このような感じ・・。
          手づくり感あふれるすてきなお顔をしています。

          お顔だけじゃなく、手づくりで創られるライアーの音色は、

          とてもすばらしい音色となります。

          (↑ おにちゃん作)

          続きを読む >>
          | tamairo | ライアー | 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          0
            オニヅカ工作所☆手づくりライアーワークショップ☆
            おにちゃんの、ナビゲートによる、
            手づくりライアーのワークショップの2日間。
            とってもステキなお時間でした。
            あったかいぬくもりのある、
            かわいいライアーが、たくさん仕上がりましたよ〜☆彡
            トンカントンカン。のみを打つ音と、
            おしゃべりやら、わらいごえがたえない、
            ステキなお時間でした。
            ほん・・・っま。
            エエ ジカン ヤッタナ〜・・ღ˘◡˘ற♡.。oO
            お天気にも恵まれたので、
            お外でトンカントンカンできました。

            2日間の流れを、ざっとかいてみようかなと、
            思ったのですが、たまやかあちゃんは、
            いうても台所にいた時間が長かったので、
            参加者のTもっちゃんが、フェイスブックに、
            なんともすてきなレポートをのっけてくださっていたので、
            それを拝借することにしました。
            (いいえ、決して手抜きではない・・!
                      (笑)ლ(╹◡╹ლ)!!)

             
             

            続きを読む >>
            | tamairo | ライアー | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            0
              ☆彡てづくりライアーワークショップinたまや☆彡

              てづくりライアーのワークショップのお知らせです☆彡
              長崎のオニヅカ工作所の鬼塚聖貴さん。通称おにちゃんが、
              遠く滋賀までやってきてくださって、
              世界にひとつしかない、自分で創りだす、
              わたしのためのライアーのつくりかたを、
              おしえてくださいます☆彡
              2日間で、
              5音7弦のキンダーライアーをつくりあげます。
              板から彫るところからはじまって、オイルを塗って、
              弦を張ってしあげます
              ☆彡
              ライアーといえば、シュタイナー教育で、
              ココロと身体と魂を癒す楽器として考案された、
              癒しの楽器。その音色は、
              たまらなく美しく、
              耳で聴く・・とゆうよりも、
              全身で聴く・・という感じのものです☆彡
              ライアー・・・。その生みの親は、ドイツの音楽家プラハト氏と、
              彫刻家のゲルトナー氏。
              1926年に誕生したライアーは、「静けさを聴く」楽器として発展し、
              その音は、脳や心を癒やし、直接、身体に振動を伝えるということによる、
              治療効果もあるということで、いま現在、
              シュタイナー教育の場にとどまらず、
              さまざまな場所で用いられるようになっています。

              おにちゃん。ご指導によるライアーは、
              このような感じ・・。
              手づくり感あふれるすてきなお顔をしています。

              (↑ おにちゃん作)


               
              続きを読む >>
              | tamairo | ライアー | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              0
                ライアーコンサート♪
                大正モダンな建物な、
                木内ギャラリーというところで、
                まどか園のお母さん方主催の、
                ライアーコンサートがありました。

                バスに乗って、
                みうたんと、行ってまいりました。


                続きを読む >>
                | tamairo | ライアー | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                0