オニヅカ工作所☆手づくりライアーワークショップ☆
おにちゃんの、ナビゲートによる、
手づくりライアーのワークショップの2日間。
とってもステキなお時間でした。
あったかいぬくもりのある、
かわいいライアーが、たくさん仕上がりましたよ〜☆彡
トンカントンカン。のみを打つ音と、
おしゃべりやら、わらいごえがたえない、
ステキなお時間でした。
ほん・・・っま。
エエ ジカン ヤッタナ〜・・ღ˘◡˘ற♡.。oO
お天気にも恵まれたので、
お外でトンカントンカンできました。

2日間の流れを、ざっとかいてみようかなと、
思ったのですが、たまやかあちゃんは、
いうても台所にいた時間が長かったので、
参加者のTもっちゃんが、フェイスブックに、
なんともすてきなレポートをのっけてくださっていたので、
それを拝借することにしました。
(いいえ、決して手抜きではない・・!
          (笑)ლ(╹◡╹ლ)!!)

 
 

----------- 2015/3/21-22(2days)
『手づくりライアーWS 』in たまや

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
1日目

 

春の穏やかな風が吹くひよちゃんの納屋の前に
到着したのは、朝の10時ちよっと前。すると、
待っていてくださいました♪はるばる九州長崎から、
お越しくださいました、おにちゃん先生と、
サポートスタッフなる朋ちゃん、ご一緒ににこにこと。
そして、早朝から、昼食や会場準備をしてくれていたと思う
ひよちゃんファミリーに、台所にご挨拶にゆき、
あぁ、待ちに待った待望の二日間。

力が漲り、わたしの全てが回り出しました。
みなさんとお顔合わせをしてご挨拶の後、
みな、それぞれに自分のライアーとなる木のイメージ、
質感など、お伝えしていたものに合わせて、
おにちゃんセンセは、それぞれに桜や
カエデの木を準備してくださっていて、
皆に手渡してくれました。まずはご対面、
よろしくねと、手ですりすりなでながら、
期待と不安入り混じったまま、
さっそく表面を彫る作業へ。木槌とノミで、
少しずつ、自分のうちと向き合いながら、
彫りすすめます。はじめてのことなので、
緊張やら、思うように彫り進めない戸惑いやら、
最初はあったのですが、おにちゃんが
『それぞれに自由に、おもむくままにでいいの、
焦らない焦らない。』と、みんなの緊張を緩めてくれるかのように
アドバイスしながら、ライアーをそばで奏でてくれて、
朋ちゃんがおしゃべりと、すてきな鼻歌を届けてくれて。
みな、しばらくもすると、余計な力みや、
不安から解き放たれた感じで、
次第に道具たちとも仲良くなれていきました。

お昼はひよちゃんの美味しい春ご飯。皆さん、
ほっこりと、元気を充電し、
また、午後からも、ひたすら彫りの作業にのめり込みました。
 

2日目もまたお天気に恵まれて、神様ありがとう!
と自転車で、この日は娘と一緒に、
一時間早くに張り切って会場入り。オニちゃんセンセと、
朋ちゃんのなんともいえない柔らかくて、
包み込む空気感の中、安心して作業再開です!
こんなふうにものづくりに没頭させていただける機会
ほんとにほんとに無邪気に嬉しくて。

トントンカンカン。2日目はみな、リズミカル。
少し疲れもあるとは思うのですが、
みな、一生懸命。側面と裏面も、絵を描くように、
ひとほりひとほり、進めました。
途中、それぞれの表情を見せ合いっこもしながら、
そうそう、『古代ケルト 聖なる樹の教え』という、
オニちゃん先生の本で、それぞれの誕生日から、
それぞれの樹を調べたり、樹木にまつわるお話でも、
盛り上がりました。楽しかったなぁ〜♥︎(^ν^)

おしゃべりをしながら、和気あいあいと、
ヤスリをかけ、ニスを塗り、
最後は室内で弦も自らはりました!
調弦は、先生にお任せして、最後は皆で感動の演奏会、
部屋じゅうに、優しい音色が響き渡りました。

皆、出来上がりのライアーを抱く姿は、
我が子を抱くかのような愛おしさで満ちていて。
本当に感動しました!とても貴重な体験をさせていただけて、
心から感謝しています。ひよちゃん、おにちゃん、
朋ちゃん、そして、ご一緒してくださった皆さん、
心からありがとうございました!

****************

ね?ステキなレポートでしょう?
ほんと、すてきな、ワークショップでした☆彡

おにちゃんは、そのむかし屋久島に住んでいて、
その頃からのお友だち。わたしはその頃、
屋久島にはまっていて、
島に住みたいなぐらいおもって、
よく友だちと一緒にあそびにいっていましたw
そんで、今回、おにちゃんから、
奈良に用事があるので行くんやけど、
滋賀でも、ライアーワークショップどう〜?と、
お声がけいただきまして、
今回のワークショップは実現しました。

たいがい、うちで開催するものは、
まずは自分が体験したもの、聴いたもの・・を、
というスタンスでおりますので、
今回は、いくら信頼しているおにちゃんでも、
ちょっと、ドキドキな部分があったのですが、
ワークショップがはじまって、すぐに、
そんな心配は吹っ飛びました(笑)

常々、わたしたち、人にとって、
なにかを想像したり、なにかを創造する時間は、
たいせつだぜ〜・・と、
おもっているのですが、

木をモクモクと掘る・・。
それって、なんとすばらしい創像な、
お時間なのでしょう。

できあがる形を想像しながら、
トンカンする時間。
まさに、わたしのための、わたしの時間。


参加してくださったのは、
日頃、自分のことだけじゃなく、
常に家族のことを想いながら生活している、
母たちが多かったので、
そんな母たちにとって、そうゆう、
わたしのための時間がもてるのは、
とっても貴重なこと!!*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚
みんなそれぞれにとって、
ほんとすばらしい時間になったようにおもいます。
(なんて思ってみていた♪)

いや、ほんま贅沢で、
しあわせなおじかんでした。

2日めの午後とかになると、
だんだんライアーができあがってきて、
じわっとカワダに響いてくる、
佳き音が、ぽろろん ぽろろん 聴こえ始め・・。

いい音聴きながら、
至福の時間でした。


もぉ、みんな。
あ〜〜・・なるほどっ!と、
おもってしまうような、
その人その人がうつしだされたような、
すてきなのんつくってらっしゃいました。

イロイロ感想などもいただいてるのですが、
長くなってきたので、
その2へ・・。

| tamairo | ライアー | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
0
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | 13:41 | - | - | -
    0









      http://tamairo.jugem.jp/trackback/1102