〜☆unて☆手相とお茶と@たまやvol.2〜

大人氣☆たかさんの手相観講座☆

第二弾( ◠‿◠ )のおしらせです。

前回1回目の講座は、

お知らせ告知の翌日には、

予約がうまってしまってびっくりぎょうてん☆

〜☆unて☆手相とお茶と〜・・・。

手相に興味がある方。ぜひどうぞご参加ください☆

 満月マルシェなどで、よくあたると定評のある、

たかさんの手相観。

たかさんの手相観は、手の線と、

占星術を、つかって観てゆかれます。

ふと。たかさんに、

「なんで?たかさんは、手相観しているの?」って、

質問してみましたら、

☆運は開けることができる。

☆未来がわかる

☆じぶんの今の状態がわかる。

☆こまった人の道すじをつけられる。

・・などなど、おしえてくれはりました。

深いな〜?すごいな〜?

たかさんの手相観。

今まで、じぶんが、観てもらったり、

友人が観てもらわはった内容をきいたりして、

すごいな〜?なんでわかるんやろ〜?って、

いつも大感動していたのですが、

あらためて、たかさんすごいやんか〜?と、

大感動*:ஐ(●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*

そして、この間、わたし自身も、

手相講座を受講して、

なるほど・・この線が・・?とか、

そうか?あの時、そうだった・・などなど、

びっくり、おどろき・・

手相って、わたしのことがそのまんま、

現れてるんや〜?って、あらためて感動(。>﹏<。)

今は、さらに細かい線のことが学べる中級編を、
ココロマチにしている最中です☆

〜☆unて☆手相とお茶と〜

初級中級編でひとくくりになっていて、初級は4月13日(金)に・・。

中級は、5月 ☆日の予定です。

たかさん手相観に、ご興味ある方、

学びたい方・・ぜひどうぞお越しください( ◠‿◠ )

 

 

 

たかさんより、いただいているメッセージ( ◠‿◠ )

→手相を見るということは、

手を読むことです。

手相は自分の生きてきた道、

育ってきた環境で大きく変化します。

そしてその自分の変化、

これからの自分を読み取る事が出来ます。

この講座では、手相占いの方法、

西洋占星術(4つのエレメント)

占いの方法の両方をお伝えします。

初級 少し占えるレベル

中級 副業レベル

以上の2つの講座となります。

・・だそうです☆

中級を受講すると、

副業レベルだそう!

だしおしみなしすることなし・・ですね・・(。>﹏<。)

☆西川 享良 (にしかわ たかよし )

1979年 滋賀に生まれる。

中学校の頃に担任の先生より手相を教えてもらう。

その後、独学で手相を勉強。

現在はマルシェや、個人宅で手相をみる。

音楽家であり、占い師、教師でもある。

楽しく生きることに全力を注いでいる。

 

***************


〜☆unて☆手相とお茶と〜

内容 1、手相を読む時の心得

  2、手相と西洋占星術4つのエレメント

  3、手相の基本となる線 7大線

  4、手相の見方

  5、西洋占星術 4つのエレメントと特徴

  6、占ってみよう

  7、おしまい

※ 初級中級は別々に受講可能です。

  ただし、中級を受講希望の方は、初級受講必須となります。

○日時  ○初級 2018年4月13日〔金10:00〜13:00)

    ○中級 2018年5月☆日( 10:00〜13:00)

     (どちらも、講座終了後シェア時間あり(希望者のみ))

○定員 6〜10名(6名以上で開講)

○場所   滋賀県 草津市 たまや

     (お申込み後詳しい場所をおしらせします)

○料金  初級5500えん。(再受講3500えん)

    中級6500えん。(再受講3500えん)
(どちらも、たまやの季節のおやつ付き)

☆ 

○お子さま連れでの参加は可能です( ◠‿◠ )

  託児はありませんので、お子さまを見守りつつの受講となります。

  もしも、お子さまが、さわがれたりして、他の受講者の方の、

  受講の妨げになる場合などは、

  退席をおねがいすることもあります☆

○申込先&問い合わせ先○

たまや info.earthkitchen.tamaya☆gmail.com
(✩を、@に変えて、おつかいください)

 ☎077-599-3773

お名前・住所。電話番号・たまやまでの

交通手段をかきそえて、お申込みください( ◠‿◠ )

***********


 

 

 

| tamairo | 手相 | 07:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
0
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | 07:15 | - | - | -
    0









      http://tamairo.jugem.jp/trackback/1277