Joyitサロン☆春待月☆@たまや

こんにちわ☆

寒くなったり暖かくなったり、

氣温の変化がいそがしいですね。
ひさびさに開催します。

joyitの井上知子さんのサロンのおしらせです☆

どうぞ。ほっこり。おしゃべりしにきてください♪

こちらのサロンは、  
アドラー心理学に基づく考え方を大切にして、  
いろいろ活動してらっしゃる  
Joyitの井上知子さん(Jojit代表・臨床心理士)  
(http://joyitkyoto.blogspot.jp/)のサロンです♪
  
テーマなどは、とくに設けずに、  
自由に、オープンQ&Aなかたちで開催しています。  
毎回、参加者のみなさんから、  
いろんな問いかけが、飛び出し、  
有意義な、氣づき&学びの場となっています☆  

アドラー心理学に興味がある方も、  
井上知子さんファンのかたも、  
ぜひどうぞ。おいでくださいね♪

 

 

 

 

わたしは、秋から開催された、

ポジショニング講座を、再受講しました。


一度受けたはずなのに、
あれ?はじめて聴くという内容が多々あり(笑)
どんなけちゃんと、聴けてなかったんや?わたし?
って感じでしたが、
その分新鮮な氣持も味わいつつ、
佳き学びの時間になりました。

 

9回講座を受講しての感想は・・・
これは、一番最初にアドラー心理学のお話を聴いたときの
感想と、変わらずではあるのですが、
あらためて、
目の前で起きることは、
一つも同じことは起きない。
センタリングちゃんとして、
ひとつひとつのこと。
ていねいに拾いながら、
前にすすんでいこう。
と、まず思いました。

 

そして、アドラー心理学の、いさぎよさが、
わたしは好きなんだなぁって風にも思いました。

とにかく、何がなんでも、
自己責任。
いいこともそうじゃないことも、
すべてひっくるめて、
自分の責任である。というような考え方。

 

そのスタンスが、わたしはすきなんだな〜って、
思いました。

みんなそれぞれやから、

それ。しんどい。って、思わはる方も、

いらっしゃるかもやけど、

わたしは、そやな〜・・って、

楽ちんになる☆

 

 

基本的に、

すべてなんでも、自分の責任以外ありえないと、
わたしは思えるので、
わたしの中で、感覚的にぼんやりキャッチしていることを、
アドラーが、いろいろ難しいことなどもふくめ、
言語化されている内容を、すなおに、聴くことができるかんじ。

 

うん。アドラーの潔い考え方が好きです☆

 

************

 

 

しばらく前の、Joyitサロンに、ご参加いただいた、
S・Iさんから、とってもすてきな感想をよせていただいています。

許可をいただいてこちらに掲載させていただいています。

ぜひご一読ください( ◠‿◠ )

 

→感想文→

 

今回のサロンでは、人という生き物として、母として、

大切なことをまるっとお聴きできた時間だったなぁ…と思います。

私は子どもと相対する日々、

子ども時代をどう過ごすのか?が

その後の人生に影響することを、

考える機会がよくあります。

今回の井上さんの臨床経験や職場体験、

お子さんの体験などが織り交ざったお話は、

生きた話としてとても深く心に響きました。

15〜35歳の死因トップが自殺である日本。
井上さんは、「意識だけ」で生きているから、

それに至ってしまう。「体への感謝」を

忘れないでいられたら、

もっと生きられるのではないか。と話されていました。

生きていること自体を楽しむ力がある子は、強い。

自己の肯定感を育むこと。

でも、適度なブレも必要。

ブレのない色のない木は、

はたして美しいか?

共同体感覚(他者の関心への関心)を育むこと。


それから、アイメッセージ。
自分の感情を我慢するのではなくて、開放をする。

でも相手を支配するための怒りはいらない!

(交換条件を出すことも、しなくていい)


→この自分の感情については、

いつも納得して頷いてしまいます。

理論や方法論はさておき、

自分の感情も他者の感情も無視しないこと自体が、

自己と他者を肯定していく第一歩ですよね。

心理学を深く理解されている井上さんから出てくる言葉であるだけに、

本当に不思議というか…真実なのだなぁと。


幼児期にたくさんの「体を動かす・判断の体験」を

することにより、自分で判断する能力を育むことが、

本当の生きていく力になるのだ、ということも。
我が子が園で、学校で日々これらを獲得している姿を想像し、

家庭でもできることは何だろう、

と考える時間になりました。


抽象的なことばばかりで、

伝わりにくい文章になってしまいましたね(^^;

結論は、子ども時代に育みたいことは沢山あり、

それを獲得しきれずに大人になっても、

子どもと向き合うこと、家族と丁寧に向き合うことで、

再び自分の学びになり、自分自身も育んでいくことになるのだということ…。

私のこの声かけは、

彼らの何を育んでいけるか?

私の何を育んでいくことになるのか?
日々、雑音にまみれて本当の問いかけを

忘れないようにしたいな、と思いました。

 

*************

(たまやのブログのSTEP関係の記事はこちら☆)

http://tamairo.jugem.jp/?cid=62


こちらのサロンは、
たまやの季節のおやつ付きです。
おうちにかえっても、
同じものをつくっていただけるように、
おやつレシピも、もれなくおつけしています☆彡
お野菜や米粉などをつかった、
身体にやさしいおやつレシピです♪(^_-)-☆

**************
井上知子さん。

臨床心理士。親子・対人関係などに関するメンタルサポートjoyit代表。
1993年に、STEP勇気づけセンター主催の、STEPリーダー資格を取得し、
個人事務所を開設。joyitの活動に加え、医療法人や少年センターで
臨床心理士として、活躍する。
2015年STEPリーダーからはなれ、
アドラー心理学のことを大切にしながら、
ポジショニングという講座や、
不登校親の相談会や、非定型発達親の相談会などを、
Joyit森の家などで、開講中。

***************
☆Joyitサロン@たまや☆

 

日時 2020年3月13日〔金10:00〜12:00)

(託児は締め切りました)
   

定員 20名ぐらい

 

場所 草津市たまや(お申込み後詳しい場所をおしらせします)

 

参加費 2000えん。
(たまやの季節のおやつと、おやつのレシピ付き)

 

注意 その1

お子さま連れでの参加はできません。
(乳飲み子さんとは、
ごいっしょに会場におはいりになれます)

☆乳飲み子という表現についての、補足ですが、
要は、他の参加者のみなさんの氣がそれなければ、
大丈夫ということです。
ハイ ハイを、まだしない子であったり、
おしゃべりが、ずっと続くお子さんで、ないようなら、
ご一緒に参加が可能です。
講座中。ご機嫌でおしゃべりする。泣くとか、

他参加者の集中を妨げるようなことが起きた時は、

赤ちゃんを抱いて外に出るなどの配慮をおねがいいたします☆

 

注意その2

駐車台数にかぎりがございますので、
乗り合わせなどにご協力ください。
お申込時に、たまやまでの交通手段も
おかきそえください。
駐車台数が満杯になった場合は、お車でのご来場を、
お断りすることもありますので、
ご協力おねがいいたしますm(__)m

 

申込先:たまや step.tamaya✩gmail.com 
(✩を、@に変えて、おつかいください)

お名前・住所。電話番号・たまやまでの

交通手段をかきそえて、お申込みください( ◠‿◠ )

***********


Joyit (井上さん) メール  
Joyit☆ma3.seikyou.ne.jp
(✩を、@に変えて、おつかいください)

| tamairo | - | 16:48 | comments(0) | - | -
0
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | 16:48 | - | - | -
    0