飯道山に登る☆の巻

しばら〜く前ですが、

鳥居をくぐって、すぐに、
白鬚神社のほこらと、手水舎が・・♬
白鬚神社って、
琵琶湖の西側にある、白鬚神社とおなじかしら?

霊山だそうで、
うむうむ。氣持ちのもんかもしれんけど、
登っていて、すがすがしいw

 
そして。

すがすがしいけど、
最初の山道の階段が、
かなり急勾配で、
なかなかハードル高かった〜〜w(^_^;)

 

修験道の方たちが、
修業される用なのかしら?
いっこの階段の高さが、めっちゃ高いねん!
運動不足な、この体を、
片足で、よいしょと持ち上げるのが、
ひとしごと!!!w
  

全力疾走など、ここ数年。
いや数十年。したことないけど、
全力疾走後並に、心臓バクバクなりました(笑)
あきません。もっと日頃から、
動かんと。

 
心臓やぶりな山道の階段を、なんとか登りきると、
朱色の本殿が登場♬
以前。Kょんちゃんの、カメラ教室に、参加したのに、
ホワイトバランスが、へたくそです(^_^;)
先生には、みせられない・・
まぁ、神社やし、
神々しい感じ。っちゅうことで、よしとしといてええかしらんw
能舞台☆
本殿。
きらきら。美しく光が入りこみました。
何か?やたらと、
あちこちに、こんな、三頭身ぐらいの、
石の神さんが、いらっしゃる(╹◡╹)
このお花は、なんてお名前?
かわいいおはなでした。
 
 
小休憩をしたあと、
山頂へと向かいます。
 
 
途中、熊笹のつづく、尾根道みたいな道を延々と歩き、
頂上に到着。
 
 
 
ふだん。大して運動してなさそうなくせに、
難なく軽々と、山を歩く子どもたち。
 
 
この日は、ちょっと、肌寒い日だったもんで、
大人が到着する前に・・
とっくの昔に到着していて、そろそろ汗もひいてきてて、
さむいさむい。早く下山しようなどと、
ぶーぶーいう子どもたちの声は無視しまして、
山頂で、おべんとうタイム(◍•ᴗ•◍)
  
 
それでも、さすがにさむいので、
そそくさと弁当をすませ下山☆
 
 
なんて木かな〜?
ふしぎな木の森が、
とちゅうにありました。
下山はあっという間♬
 
 
ここも、ええお山やったな〜♬
ぜひまた登ろう☆
 
 
 
そうそう。
 
 
これ。駐車場にあった記念撮影用のパネル・・
 
 
こうちゃん。めっちゃサイズ的にぴったりすぎで、
みんなで、大・大爆笑!
 
 
 
 
家に帰ってから、
たまや父ちゃんも、きっと大爆笑にちがいないと、
写真を見せてみましたら、
「へ〜?似合ってるじゃん?」
となんとも。あれれ?期待はずれな反応。
 
 
しかし、よくよく確認してみたら、
あまりにもサイズがぴったりだったので、
体の部分が、絵だとは思わず、
本物の身体だとおもったそう。
山登りにいったあと、
忍者屋敷にまで足を伸ばしたのかとおもったと・・w
 
 
 
そっちか〜〜!(笑)
 
まぁ、しかたない。
そう想っちゃうぐらい、
マッチしてたからな〜(笑)

| tamairo | 山登り | 21:19 | comments(0) | - | -
0
    スポンサーサイト
    | スポンサードリンク | - | 21:19 | - | - | -
    0